顕微鏡やマイクロスコープを格安販売|高性能機器を手軽にゲット

用途に合わせて

顕微鏡との特徴の違い

マイクロスコープはテレビやパソコンなどのモニターに拡大画像を表示する装置のことを言います。英語でマイクロスコープは顕微鏡を指しますが、工業や化学分野においては高画素のカラーカメラの照明や各種倍率のレンズや、接続テーブルなどを備えた拡大表示装置のことを言います。マイクロスコープと顕微鏡との大きな違いは拡大画像を表示する装置と両目で覗いて見る装置との違いであり、マイクロスコープは大人数で観察対象物を見ることができるのに対して、顕微鏡は一人で両目をつけて覗き込んでの観察になります。また、マイクロスコープは計測や、深度合成、画像処理といった拡張機能などが備わっています。ズームにおいてもマイクロスコープは1本のレンズで低倍率から高倍率まで対応できます。

マイクロスコープの価格

マイクロスコープの価格はその種類や性能によって様々です。ズーム式実体顕微鏡タイプですと、72,000円くらいからになります。ハイビジョンタイプのマイクロスコープですと、230,000円くらいからになります。デジタル一眼カメラタイプのものですと、109,000円くらいからになります。USB3.0マイクロスコープですと、92,000円、ワイヤレスタイプのものでは12,800円からとなっています。マイクロスコープをより身近に感じるのは、歯医者さんでその装置を見たときではないでしょうか。とはいっても高性能の装置なだけあって、根幹治療の保険外治療が一般的であり、治療費は1本の歯で数万円から数十万円かかるとされています。