顕微鏡やマイクロスコープを格安販売|高性能機器を手軽にゲット

種類別の意味

材料試験の種類と意味

材料試験とは、工業材料の諸性質を明らかにするとともに、使用条件に適合しているかどうかの資料を得るために行う試験の総称のことです。試験の種類は物理的試験、科学的試験、機械的試験に大別されています。 さらに試験片の破壊の程度によって破壊試験、部分破壊試験、非破壊試験に分別されています。材料試験の中で金属材料の性質を調べるために行われているのが引張試験、圧縮試験、せん断試験、曲げ試験、衝撃試験、硬さ試験、疲労試験などがあります。これらの試験では、種々金属の特性を調べることによって使用しようとしている場所でその材料が使われていても安全的に問題ないかを判断する資料を得ることができ、材料の選別に活用されています。

試験の歴史とその重要性

材料試験の歴史はとても古く約500年前のイギリス産業革命時代にまでさかのぼります。それ以降に人類はさまざまな事故に遭遇し、今後同じような事故を起こさないための工夫が現在の材料試験まで発達を遂げました。現在では多くの分野で金属が材料とされています。その金属も性質を知らずに、重要な場所に使ってしますと重大な事故を起こす原因になります。たとえば、電車の車軸のような場所に使われるものは、繰り返し荷重に対して強い性質をもっていなければ、破断し、事故の原因になったりもします。建物などには場所によってどのような荷重を受けるか異なっていますので、それに合わせた材料が必要とされています。つまり、材料試験とは人類が今日まで遭遇した経験を積み重ねて、同じ事故を起こさないという意志の表れでもあります。